【理学療法士が運動学から考える】抱っこひもの調整の仕方Ⅱ

こどもとスクスクLAB

こんにちわ、かなこ(@MinmachiBuho)です。

本日は、抱っこひも(もしくはおんぶひも)の調整の仕方、第2弾です!

第1弾はこちら。

【理学療法士が運動学から考える】抱っこひもの調整の仕方Ⅰ
こんにちわ、かなこ(@MinmachiBuho)です。 子育てに必要不可欠なグッズの代表格といえば…抱っこひも!これ、いろいろあって悩みますよね。 しかもスリングにおんぶ紐との兼用に…最近は某人気ブランドを見かけることが一番多い...

今回は

赤ちゃん側

から考えた、抱っこひもの付け方について解説します。

大事なのは、”お尻”?!?!

Resultado de imagen para おしり

猫のおしりはかわいい・・・

おしりの位置が定まらない状態での抱っこやおんぶ、実はよく見ます。

この状態のまま長時間姿勢をキープするのって赤ちゃんはとってもしんどいんです。

落ち着かない状態ってどんな?

落ち着く状態とは、身体が無理に力が入ったり、力が抜けすぎたりしない姿勢、ということです。

人間の背骨は大人になると自然とS字カーブに近づいていきますが、赤ちゃんはカーブが出来上がっていません。

「Cカーブ」を保って育てられた赤ちゃん

生まれたころは丸っこいU字。

首が座り、お座りできるころに向けて少しずつJ字のカーブになっていきます。

歩くころにはS字が出来上がるわけですね。

つまり、このカーブと異なる姿勢を長時間とり続けることが、落ち着かない状態、といえます。

骨盤の向きによって、顔の向きまで変わる?!

商品はイメージ

この写真を見てどう思いますか?おそらく首が座っている赤ちゃんでしょうから、

背骨はJカーブである必要があります。

うーん、、、どうやらUカーブっぽいぞ?と感づいたあなた、もう達人です。

この抱っこの仕方では、お尻うまく支えられておらず、腰が必要以上に丸くカーブしてしまっています

顔はやや苦しそうに上を向いていますね。

大人で言えば、こういう姿勢になっているわけです。

これなら悪い姿勢なのは一目瞭然ですよね。

あなたの赤ちゃんは、眠っていないときもやたらと首をそらせて上を向いていませんか?

それは、「お尻がずれて落ち着かないよー!」のサインかもしれません。

椅子に座るイメージを

一方こちらの写真はどうでしょうか

Resultado de imagen para 抱っこ紐

赤ちゃんがまるで椅子に座っているように、おしりがプリっとしている感じがしますね。

これが、安定したお尻のイメージです。

お尻が安定すると、その上の腰や背中はまっすぐと楽に伸びていきます。首も反っていませんね。

うまくJ字カーブにならない!どうしたら?

お尻をしっかり支えた姿勢で抱っこするためには、以下のポイントが大切です。

1.紐を緩めて使わず、しっかりとしめる

紐が緩いと、赤ちゃんの位置が下に下がりがちになります。自然と抱っこひもの中で”ずり落ちる”ような状態になるため、お尻が落ち込みUカーブになりがちです。

2.赤ちゃんのお尻をしっかり抱きあげてから、抱っこひもに入れる

そもそもはじめの姿勢がずり落ちていませんか?お尻をしっかりと抱き上げ、固定した状態で抱っこ紐をあてがいましょう。自然と赤ちゃんの位置も上に上がります。

3.それでも上手くいかないときは

抱っこひもの種類を変えてしまうのも手です。

基本的に、赤ちゃんの姿勢がずり落ちているときは、使用者にも負担が大きくかかります。なので、両者のメリットを考えると、おんぶ紐、スリット、抱っこ紐、色々試してみるのもアリ。

そんなこと言えるのは潤沢な資金をお持ちのご家庭だけでは?!という方、ご安心を。

ロールしたハンドタオルを入れる、という方法もあります。

お尻の座骨(椅子に座ってお尻の肉の下に手をいれたときに、ゴリゴリあたる骨)の下を目安に入れてみてください。この方法、オフィスワークでお悩みの大人にも使えます↓

Resultado de imagen para 椅子 姿勢 タオル

まとめ:よくわからないときはマネしてみる

色々読んだけどよくわからない…となったアナタ、大丈夫です。

最終兵器は、赤ちゃんの姿勢をマネすることです。どこかつらいところはないか、痛くないか

赤ちゃんは大人より柔らかいとは言え、負荷がかかる点は変わりません。

赤ちゃんもキャリーユーザーも、楽で楽しい育児をしていきましょう☆

疑問質問はかなこまで連絡を!↓

一緒に育児を楽しみましょう(^O^)

 

こちらも併せて読んでみてください。

【理学療法士が運動学から考える】おんぶ紐をオススメする理由
こんにちわ、かなこ(@MinmachiBuho)です。 運動学から考えるシリーズ第三弾です。 第一弾、第二弾はこちら 抱っこ紐について最初に取り上げておいてアレなんですが、実はわたくし ...

疑問やお悩みがある際は、こちらからお気軽にどうぞ!

友だち追加