Tummy Time とは?赤ちゃんとうつぶせで遊ぼう!

こどもとスクスクLAB

こんにちわ、かなこ(@MinmachiBuho)です。

今回は赤ちゃんのうつぶせ遊びについてです。ちなみに私、うつぶせ遊びマニアです。なぜかというと…

 うつぶせ遊びは赤ちゃんの身体の発達にめちゃくちゃいいんです! 

その理由と、時間の目安、うつぶせ遊びの方法を紹介していきます。

Tummy Timeとは?

Tummy Time とは、おなか時間≒うつぶせで遊ぶ時間です。

アメリカ小児科学会(American Academy of Pediatrics)では、すべての赤ちゃんに退院当日からうつぶせ遊びを推奨しています。

同国で、うつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高まる(原因ではないです)と公表され、うつ伏せ自体を避ける家庭が増えたことで、”起きている時間のうつ伏せ遊び”の重要性が再認識されたようです。

 

どんないいことがあるの?

同学会によると、Tummy Timeによって赤ちゃんは寝返りや、”ずりばい”や”はいはい”等の動きの発達が促されるだけでなく、立っちや歩行などの、その後の長期的な発達にも良い影響を持っているということです。

これは、うつぶせよって上半身を持ち上げることによる背筋力のアップだけでなく、両腕でしっかりと体を持ち上げることで腕の力腹筋のちからがつき、かつそれを上手にコントロールできるようになるためと考えられます。

 

また、身体をしっかり動かすことによって、夜間の睡眠の質アップも期待できます。

目安の時間は?

Tummy Time の目安時間は新生児期、スタート時には2分~5分/回程度、赤ちゃんの疲れをみながら3セット/日が推奨されています。

その後徐々に時間を延ばし、計20分/日程度行えるように継続していきましょう。

気を付けることは?

 Tummy Timeはあくまでも”遊ぶための姿勢”です。 

そのまま眠ってしまうことのないよう、注意しましょう。

 

Tummy Time のあそびかた

身体にいいのはわかったけど、どうやって遊んだらいいの?

赤ちゃんと楽しいTummy Time の過ごしかた初級編~上級編をご紹介します!

初級編:おなかの上で

いきなり赤ちゃんをうつぶせにするのは…うつぶせにすると泣いちゃう…など、はじめのうちは色々不安もあるはず。

そんなときは、パパやママの胸の上に乗せてあげましょう。

大人がソファ等によりかかる形になることで、赤ちゃんは頭が挙げやすくなり、目も合いやすくコミュニケーションがとれるのでオススメ!

中級編:手元のおもちゃで

顔が上がるようになってきたら、赤ちゃんの正面におもちゃを置き(もしくは声掛けでもOK)興味を引いてあげましょう。

赤ちゃんが手を出して触りたそうにしたら、おもちゃを近づけて触らせてあげます。

上級編:目線を上げよう

赤ちゃんが身体を持ち上げられるようになってきたら、今度はおもちゃを目線より上から見せましょう。

より頭を高くあげようと楽しんでくれます。余裕が出てきたら手が伸びてくるかも。

参考:https://www.youtube.com/watch?v=M3rCtW9DMD4

Tummy Time を楽しくすごすオススメおもちゃ

Tummy Timeを楽しく過ごすためのオススメおもちゃをいくつか紹介します!

もちろん、パパやママの顔や呼びかけも最高のおもちゃですが、何個かおもちゃがあれば大人にも遊びに幅が出て助かりますね。

①どこでも取り付け可能メリー

 

赤ちゃんの目線を上げるのに最適なメリー!ベッド柵にも取り付け可なので場所を選ばない。何よりロープライスでお財布に優しい。

②置き型おもちゃミラー

鏡は赤ちゃんにとって最高のおもちゃ!力がなくてまだ手が出せなくても、見ているだけで楽しいです。

また、以下の写真のように丸めたタオルで体を助けてあげると、遊びやすくなります(参考:https://www.parents.com/baby/development/physical/tummy-time-toys/)。

まとめ

いかがでしたか?

日本ではまだまだ注目されていないTummy Timeの重要性と楽しさ!

赤ちゃんと一緒に楽しみながら、身体の発達も促していきましょう(^O^)

 

こちらも参考にどうぞ↓

https://minnanomachibuho.com/2018/08/28/tummy-dislike-pointmesures/ ‎

 

お問い合わせはこちらからお気軽に!
友だち追加