【疲れた?遊んでほしい?】赤ちゃんのサインを見極めよう!

こどもとスクスクLAB

こんにちわ、かなこ(@MinmachiBuho)です。

 

新生児のときは飲んで寝てうん〇する以外になにもしない赤ちゃんですが、

少しずつ大きくなって2~3カ月を超えると、もう立派なひとりの人間になります。

 

たくさん遊んでほしいし、それは気分じゃないときもある。

言葉が話せない分、大人も赤ちゃんもヤキモキしますよね。一体何を考えているんだろう…それがわかったら早いのに!

 

今日は赤ちゃんの心の内を見極める「サイン」の見つけ方をいくつか紹介します。

これらを手掛かりに、もっともっと赤ちゃんとの生活を楽しくしていきましょう☆

もっと遊んで!のサイン

画像サイトはコチラ

赤ちゃんがもっと遊んで!かまって!と思っているときはこんなサインがあります。

  1. 目を見つめてくる
  2. 遠くからこっちを見ている
  3. 触りたさそうに手を伸ばそうとする

などです。これはわかりやすいですかね?
ニコニコ笑って手を差し出されたら、こっちまで楽しくなります。思いっきり遊んであげましょう(^O^)

 

疲れたよのサイン

実は赤ちゃんも疲れるんです(そりゃそうだ)。

そんなときは、以下のようなサインが見られます。

  1. あくびをしたり目をこすったりする
  2. 遠い目をしている
  3. 指しゃぶりをする
  4. おもちゃや人に興味を失う
  5. ぎこちなく動く

さっきまで楽しく遊んでいたのに、急に興味を失っちゃったな、ぼんやりしているな…と思ったらそれはお疲れさまのサインです。

 

なかむら
かなこ

遊んでて急に反応が鈍くなったとき、↑のサインが見られたら

少し休ませてあげよう

飽きた!別のことして!orちょっと休憩!のサイン

こんな顔赤ちゃんにされたらちょっと傷つくわ…

赤ちゃんが気分を変えたいときのサインはこちら↓

  1. 保育者から顔を背ける
  2. 後ろに反ろうとする
  3. 足で蹴ってくる

など。ちょっと傷つく…

グズグズ泣くこともあると思いますが、さっきまで楽しく遊んでたのにグズりだした、というときは

「もう!飽きた!降ろして!一人で遊ぶー!!」

と言っている可能性もあります。

一回ベッドやフロアに横にならせて、一人遊びなどをさせてもいいかもしれません。

 

なかむら
かなこ

赤ちゃんだって一人の時間は必要よね

一人ひとりサインは違うから

今回は代表的な赤ちゃんのサイン(Cues)を見ていきました。

サインがわかると、赤ちゃんの行動には理屈があるということが理解できるようになります。
そうすると、「謎の生命体」から「小さいけど立派な人間」というように、イメージを変えていくことが出来ます。コレが大事。

もちろん冒頭で述べたように赤ちゃんは一人ひとり違う人間ですので、「ウチの子はこうじゃない!」という部分もあると思います。

あくまで参考に、みんなで赤ちゃんの”サイン”をどんどん見つけて、シェアしていってください!

 

参考サイトはコチラ