障害とは何か?障害の社会モデルについてわかりやすく解説①

インクルーシブ

こんにちは、かなこ(@MinmachiBuho)です。

Twitter

 

みなさんは障害とはなんだと思いますか?Googleで「障害」と検索すると、発達障害・知的障害などといった具体的な症状を指す障害の名称を見つけることが出来ます。

 

ちなみに辞書によると障害とは

[名]
 さまたげること。また、あることをするのに、さまたげとなるものや状況。しょうげ。
 個人的な原因や、社会的な環境により、心や身体上の機能が十分に働かず、活動に制限があること。(デジタル大辞泉より)

と定義されています。疾患やケガ等による身体(関節や四肢などの見える部分だけでなく、内臓などの見えづらい部分についても)やココロ、知的能力などの”原因”が妨げとなり、社会的な環境の中で十分に活動を行うことが出来ないこと、ということが出来ます。

 

つまり

知的障害とは、「知的能力」が低いことが妨げとなっている
身体招待とは、「身体能力」が劣っている・その一部を失っていることが妨げとなっていること

と解釈することが出来ますね。

知的障害があるから、〇〇が出来ない っていう表現、よくするもんね。

それはわかる

なかむら
かなこ

実は”障害”という言葉には大きく2つの意味合いがあるんだよ

それを知っていると、見える世界が大きく変わるんです

“Disability”と”impairment”

Twitter

まず障害という言葉には英語で表すと

  1. impairment
  2. disability

の2種類が存在します。聞き覚えがあるのは後者ではないでしょうか。impairmentは日本語で表現すれば「機能障害」、disabilityが「障害」といった感じでしょうか。

 

つまり、”impairment”が指し示すのは動かない、見えない、聞こえない、などと言った心身に係る状況のことで、”disability”は社会側の環境不備によって、一般的な生活レベルや社会参加の状況と比較し制限されていることを示します。

 

なかむら
かなこ

そのような環境のことをDisablingな社会といいます(Disabling=出来なくさせる)

 

障害の個人モデルと社会モデル

障害者の感じている困難さや不自由さについて、改善策を探し、行動していくための”モデル”が複数存在します。いわば、今目の前で起きている現状(もしくは隠れていること)をある視点からよく見るためのメガネのようなものです。

障害の個人モデル

このモデルは構造主義といわれる考え方から派生していると考えられ、今でも多くの市民が無意識にこのモデルをベースに物事を考えているほど、浸透しているものです。

 

簡単に示すと障害の個人モデルとは、障害とは個人の機能が不足していることが原因である、というものです。

この考え方の背景には

社会を構成する人々は、円滑な社会機能を維持するために一人ひとりに役割が示されている。個人は自身の状態に責任をもち”普通の役割”がまっとう出来るように維持する努力が必要

という構造主義の考え方があります。さらにこの考え方にはSick Role(病人の役割)というものが示されており、それは

疾患などの理由で”普通の市民”に課された責任が全うできない場合には、その責任自体が免除される。その代わりに疾患を早期に治し”普通”に戻るよう努力する責任に置き換わる

というものです。このように、出来ない→出来るを目指すことを個人の責任に矮小化することをAblism(エイブリズム)といいます。

 

風邪を引いたときに、周囲の人が優しく「もう働かないでいいから。今は治すのが仕事!」って言ってくれるのがコレかな?

 

なかむら
かなこ

そうそう、これがSick Roleの考え方です

もしこれが風邪ではなく、一生治らないとされる疾患やケガだったらどうだろう

 

 

この個人モデルの考え方には、医療モデルと呼ばれる考え方も内包されています。このモデルでは、上記で解説したSick Roleに対応するため、医療の専門家の力がより重要である、ということを示しています。

機能障害を有する市民は、その状態をいち早く脱するために”先生”として医療者の支援を仰ぐことを求められます。それを行わない限り、その人は「責任をまっとうしていない市民」と見なされるということです。

 

このモデルが適応されている限り、障害者が社会参加を行うためにはその妨げとなっている機能障害を自ら取り除くことが必要とされます。もし完全に取り除けなかったとしても、その努力を(謙虚に)示すことで、人々の同情を買い支援を受けるという対応を取らなければならないのです。

プロ障害者とか批判する人もいるよね

障害の社会モデル

一方障害の社会モデルというのは個人モデルの対義語とされています。つまり簡単にいうと、障害とはコミュニティの中に存在する制度的、物理的、社会的な障壁によってつくられているものである、というものです。

このモデルは、社会から抑圧され、不利な状況に置かれていることを訴えた障害者運動(Disabled People’s Movement)から端を発し、その障壁を取り除くことを目的として発展してきました。

マイナスにされているものをゼロに戻そうって運動ね

 

なかむら
かなこ

Dis-abled(出来なくさせられた)という言葉にはそういう意味がこめられているんだね

社会モデルの考え方の中で求められているものは障害当事者の意思決定です。つまり、医療職などの専門家の立場よりも、障害者自身が「自分自身をどう生きるか」という決定が重要視されるということです。行政は民間に対して、彼らの決定及び社会参加を妨げるバリアを取り除き、マイナスをゼロに戻す責任がある、といえます。

 

ちなみにイギリスでは介護やケアを受ける際にDirect Paymentという制度が導入され、ケアのニーズに応じて障害当事者(子どもの場合は家族)が責任者となり、彼らが直接Personal Assistantを雇うという形式になっています。これによって、支援が必要な時間や用途を本人の意思で決定し運営できるという仕組みです。

direct payments for carers - Google 検索

まとめ

今回は障害をとらえるツールの中で代表的な個人モデルと社会モデルについて比較しながら解説してみました。

文中に貼ってあるリンクでは、障害学についてわかりやすく解説されている日本語表記では数少ない本になります。興味がある方は是非手に取ってみてください。